2019年4月2日火曜ねこ教室

八卦掌

白蛇吐信

扣歩から擺歩
逆時計回りで説明
①左足をまっすぐ出す。このだすときに、左手を頭上を越えて、蛇のように出す。左足はつま先だち。
樹に巻きついた蛇が獲物をうかがってる様。
右手は右腰にあて、掌を内側から外にひねる。

②右足を半足前に上げて落とす。
右足を落としたら、左手は頭を通って、八卦掌の円の中心方向に回り出し、反対向きの円周上まで回転すれば、左手は顔の正中線を通って喉までおろす。

③蛇の舌
左手は喉から前に、蛇の舌のように出す。

④ツキ
出した手を肘から横に倒し、腰につけていた右手を、膻中から左手の前腕の真ん中の上部を通って突きを決める。

⑤蛇のとくろ
ついた右手をたたんで、右手で左上腕肩部を抑える。
円の外から左回りで中心方向を通り抜け、円の時計方向ライン上で止まる。
(一回転することになる)

⑥蛇バーン
右手は折れない腕を作ら前に出して掌打。
左手は斜め上に掌を外に向けて拳などを払う型。

ここからは、いつもと同じ型
⑦左掌は壁を、押しているような形にして、右手は掌を上に向けて、左脇をさしにいく。
⑧上がった左手は掌を天に向け、右方向へまわす。
同時に右手は左肘から外に出ていく。
⑨両掌が丹田の前を通過したら、右脚を挙げだす。
⑩両腕は膻中の前まで移動する。このとき右掌の方が上になる。
右脚は腰から膝までを地面と水平に保つ。
右膝から足先までは、斜め前に出す。

 


 

ついに一通りの套路をなぞったようですね。
今回は白蛇吐信の詳しい解説をいただきましたが、ツッコミどころ満載の内容ですね!
蛇バーンて何なんでしょうかw

これはうなぎボーン。

 

 

師範特有の言い回しがありますので、だいたいの察しはつきますが笑
言い得て妙でうまいこと伝わります。

最新情報をチェックしよう!
>ねこに習った太極拳

ねこに習った太極拳

講師歴22年、ちょっぴりおとぼけ師匠(達人)と学ぶかんたんたのしい太極拳。
気功要素たっぷりの太極拳です。
気の流れから読み解く身体操作で、運動神経に頼らない楽しい太極拳を習得できます。
気血の流れを改善し、真の健康を手に入れましょう。

ねこ式太極拳は、自重や地球の重力など自然の力を用いる武術ですので、筋力に頼らず、弱い人ほど強くなれます。

CTR IMG