2022年02月13日日曜ねこ教室

だるま気功

呼吸法

 会陰、丹田、肋間開き、肩落とし

肩甲骨を自由に稼働させる

 仰向けに寝転んで肩甲骨だけで歩く

太極拳

歩幅を広く、もしくは狭くして型を行う
歩幅が広いと下半身の鍛錬になり、歩幅が狭いとバランスの鍛錬になる。
高齢になれば、バランスを崩しやすくなるので、歩幅を狭くして套路鍛錬をします。歩幅が狭い方が、力の抜き方がわかり易い。

左右搬攔の気の玉を潰さないように、邪魔にならないように身体から避ける動作をする。

套路は通常歩幅で14番十字手まで、狭い歩幅で55番十字手まで

40番の提腿栽捶(ていたいさいすい)で腕を胴体から外す

発勁の応用

発勁(はっけい)の応用で、邪気まみれの背骨や横隔膜を一瞬で抜く

最新情報をチェックしよう!
>ねこに習った太極拳

ねこに習った太極拳

講師歴22年、ちょっぴりおとぼけ師匠(達人)と学ぶかんたんたのしい太極拳。
気功要素たっぷりの太極拳です。
気の流れから読み解く身体操作で、運動神経に頼らない楽しい太極拳を習得できます。
気血の流れを改善し、真の健康を手に入れましょう。

ねこ式太極拳は、自重や地球の重力など自然の力を用いる武術ですので、筋力に頼らず、弱い人ほど強くなれます。

CTR IMG