練功

立禅と站樁功

太極拳を始めるなら套路を覚えることも楽しみの一つですが、ぜひ気感も一緒に養いましょう。
太極拳の面白さが倍増します。
武術的には練功、立禅と站樁功(たんとうこう)です。
形だけでは、ただの筋トレになってしまいます。
気感を養うために、形意拳は立禅、八卦掌は站樁功。

立禅は三体式で行い、体内の気感を養います。
体内を充満させたり、殻だけになってみたり。

站樁功は、気のボールを持ったり、大木に抱きついたりと
外との関わったイメージを使います。

ねこ式では、形意拳、八卦掌、自然気功のエッセンスが充満した
特別な功もありますがここでは割愛。

気感を養うことにより、自分自身の気のながれはもちろんのこと、
相手の気の流れもわかるようになってきます。
形だけではわからない達人技は、気感なしに理解し難いと言えます。

立禅や站樁功は、できる限り毎日行うことが望ましいですが、
『行わなければならない』わけではありません。
ただ、忙しい現代人には、何もせずにぼーっと立っているのは
(※何もしないわけではありませんが;)
苦痛でしかないかもしれませんね。

日に10分でも続けてみましょう。
積み重ねによる気感の変化は得難い体験となります。

>ねこに習った太極拳

ねこに習った太極拳

講師歴22年、ちょっぴりおとぼけ師匠(達人)と学ぶかんたんたのしい太極拳。
気功要素たっぷりの太極拳です。
気の流れから読み解く身体操作で、運動神経に頼らない楽しい太極拳を習得できます。
気血の流れを改善し、真の健康を手に入れましょう。

ねこ式太極拳は、自重や地球の重力など自然の力を用いる武術ですので、筋力に頼らず、弱い人ほど強くなれます。

CTR IMG