折れない腕 – ねこ式

合気道で言うところの「折れない腕」
伸ばした両腕が棒のようになり、押しても引いても肘のところで折れなくなるやつです。

一見、相当腕の力が強いのかと思えますが、合気道の方にそんな筋骨隆々の方はあまり見受けられません。気を通さないと難しいとされますが、気功をしていないと「気を通す」というのは難しそうですね。
しかも何より怪しい感じがします!笑

 

イマジネーションで折れない腕に

気の感覚がない方でも、イマジネーションを駆使できれば、割りと近しい感じになります。
腕を消防ホースなどに見立てて手のひらなどから、勢いよく水が出るイメージです。
このとき、腕をまっすぐにしすぎないのがポイント。
ホースが水の重みでたわむような感じで肘の力を抜きます。

おりゃー

 

なぜ折れない腕にならないか

同じようにしてもならない「折れない腕」。。。
普段の腕の使い方でやってみると、どうしても腕に力が入ってしまい筋肉で支えることになります。一般的には「①肩から腕」という認識がありますので、無意識に上腕二頭筋(力こぶのところ)などが力みます。

ところが、達人的には「②肩甲骨から腕」となります。

大抵の方は肩甲骨や背中の意識すらないため、肩甲骨を動かすというのが非常に難しく感じます。肩甲骨からが腕という認識をもち、かつ肩甲骨で腕を動かすことができると達人になる第一歩です。

 

さらに肩甲骨が意識でき、このようないわゆるマッチョなポーズをキメると脇に空間ができます。脇を上に吸い込むようなイメージをするとさらに脇の空間が広がります。

「脇を締めて」などと良く言われますが、脇は空間を開けておかねばなりませぬ。

この「肩甲骨意識」+「脇空間」に腕の筋肉を使わず腕をのばし、肘の力を抜くと大体「折れない腕」になります。筋肉の密度で腕を支えず、骨の構造で支えましょう。
あとは腕に気を通せば完璧です笑

「折れない腕」ができれば、次は「折れない足」にチャレンジしてみてください。
腕が肩甲骨からであるのと同様、足は骨盤からになります。

その次は、「折れない体」ですね。
達人的には、さらに別の意識の使い方をしますが、それはまた別の機会に。

 

 

おまけ

「折れない腕」が理解できると、世の中のスゴイ人たちが、
「折れない腕」や「折れない体」を駆使しまくっていることが見えてきます。ご本人に自覚があるかは別として。

強さの秘訣が一見して筋肉や体幹に見えてしまいますが、古式ムエタイの達人「トニー・ジャー」さんなどは「折れない腕」「折れない足」「折れない体」ですね。

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>ねこに習った太極拳

ねこに習った太極拳

講師歴22年、ちょっぴりおとぼけ師匠(達人)と学ぶかんたんたのしい太極拳。
気功要素たっぷりの太極拳です。
気の流れから読み解く身体操作で、運動神経に頼らない楽しい太極拳を習得できます。
気血の流れを改善し、真の健康を手に入れましょう。

ねこ式太極拳は、自重や地球の重力など自然の力を用いる武術ですので、筋力に頼らず、弱い人ほど強くなれます。

CTR IMG